スリランカ

また絶対泊まりたい♡インド洋を臨むバワ建築リゾート ジェットウィング ライトハウス(Jetwing Lighthouse)宿泊記【スリランカ旅行5日目ゴール】

ジェットウィング ライトハウス,Jetwing Lighthouse,スリランカ

ヌワラエリヤから、世界遺産のある旧市街ゴールにやってきました。

本日の宿は、インド洋の海岸沿いに位置する、ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)です。

f:id:shikazemiu:20200218231957j:plain

ジェットウィングライトハウスは、かのアマンリゾートにも影響を与えたと言われるスリランカが誇る建築家・ジェフリーバワが設計したリゾートホテルです。

 

「海」と「建築」を融合させた、バワ晩年の傑作ともよばれているジェットウィングライトハウス。

ホテルから臨むインド洋の絶景と、美しい建築が織り成す極上リゾートです。

 

個人的には、スリランカでまた泊まりたいホテル、No.1

今回の旅で泊まった3つのバワ建築の中で、いちばん好きです。

 

そんなジェットウィングライトハウスの魅力を、写真たっぷりでご紹介しちゃいます。

アクセス・場所

ジェットウィングライトハウスは、バンダラナイケ国際空港から車で約2時間半のところにあります。

ゴールの主要観光スポットである、世界遺産「ゴールの旧市街と要塞」からは3kmと好アクセスです。

【ホテルの公式HP】Galle Hotels | Luxury Hotel | Jetwing Lighthouse Galle | Offcial Site

 

ジェットウィングライトハウスに到着!

海岸沿いに車を走らせ、しばらくすると、シンプルな外装の建物が現れました。

f:id:shikazemiu:20200218232229j:plain

入口前でスーツケースを預け、部屋まで運んでもらいました。

f:id:shikazemiu:20200218232217j:plain

いざ建物の中へ入ってみましょう。

圧巻!入口螺旋階段の兵士達のオブジェ 

建物内に足を踏み入れると、螺旋階段に施された、シンハラ軍(スリランカ軍)とポルトガル軍との戦いをモチーフとしたオブジェに迎えられます。

バワの友人であるラキ・セナナヤケの彫刻作品です。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)シンハラ軍(スリランカ軍)とポルトガル軍との戦いをモチーフとしたラキ・セナナヤケの彫刻作品、入口螺旋階段の兵士達のオブジェ

な、なんだこれは…。凄まじい圧。

f:id:shikazemiu:20200217193755j:plain

螺旋階段にずらりと並ぶ兵士達。

f:id:shikazemiu:20200308185200j:plain

武器がぶつかる音や雄叫びが聞こえてきそう。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)シンハラ軍(スリランカ軍)とポルトガル軍との戦いをモチーフとしたラキ・セナナヤケの彫刻作品、入口螺旋階段の兵士達のオブジェ

臨場感に溢れすぎていて、ちょっと怖いかも…。

夜も訪れてみたのですが、また一味違った雰囲気でした。

f:id:shikazemiu:20200218233132j:plain f:id:shikazemiu:20200217195420j:plain f:id:shikazemiu:20200217195432j:plain ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)シンハラ軍(スリランカ軍)とポルトガル軍との戦いをモチーフとしたラキ・セナナヤケの彫刻作品、入口螺旋階段の兵士達のオブジェ f:id:shikazemiu:20200218233216j:plain f:id:shikazemiu:20200218233230j:plain f:id:shikazemiu:20200218233243j:plain f:id:shikazemiu:20200325184847j:plain

ライトに照らされ浮かび上がる兵士達。ゾクゾクしてしまいます。

激しい戦争の様子をリアルに想像してしまって、あんまりこの螺旋階段に長居するのは無理かも〜!と思いました。それくらい凄い作品。

 

そういえば、ラキ・セナナヤケの彫刻は、バワ建築リゾートのひとつ、ヘリタンスカンダラマにも飾られていました。ホテルのアイコンにもなっている、フクロウのオブジェが印象的でした。

★バワ唯一の内陸リゾート、日本人にも人気のヘリタンスカンダラマ宿泊記はこちらから↓

www.shikazemiu.com

 

開放感あふれるロビー

螺旋階段を抜けると、景色は一変。

f:id:shikazemiu:20200217193807j:plain

戦場を過ぎると、見晴らしの良い眺めがぱぁーっと広がっている、というドラマチックな演出。

f:id:shikazemiu:20200217193849j:plain

開放感あふれるロビー、そして、その向こうにインド洋が臨めます。

f:id:shikazemiu:20200217193901j:plain

ロビーには、海からの心地よい風が吹き抜けます。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)開放感あふれるロビー

 

目に留まった一対の絵画。

f:id:shikazemiu:20200217193940j:plain f:id:shikazemiu:20200217193953j:plain

2枚目の青い背景の絵画は、TROUBLED WATERという題名だったと記憶しています。誰の作品だったか確認すればよかった…。

 

静かなロビー。

f:id:shikazemiu:20200325173940j:plain

美しいサリーを身にまとったレセプションの女性が素敵でした。

f:id:shikazemiu:20200217194023j:plain

ロビーでウェルカムドリンクをいただきながら、チェックインの手続が終わるのを待ちます。

f:id:shikazemiu:20200217194032j:plain

WiFiパスワードが書かれた紙もここで渡されました。

f:id:shikazemiu:20200225074303j:image

客室でもWiFiはサクサク繋がりましたよ。

客室

ロビーから見えるインド洋に目を奪われつつも、日没を部屋から眺めるべく、足早に客室に向かいます。ガイドさんが「部屋からの夕日が綺麗だから!」と日没に間に合うように予定を組んでくれたのです。

f:id:shikazemiu:20200217194102j:plain

客室へと続く廊下。

自然のままの地形を残したバワ。波打ったよう地面を覆う芝生に、ごつごつとした岩も取り除かずにそのままです。

建物の垂直水平のデザインとの対比が美しいですね。

客室内の様子 

お部屋は、201号室です。デラックスルームです。いわゆるノーマルなお部屋。

f:id:shikazemiu:20200308181021j:plain

3人で宿泊したので、2台のベッドと、1台の簡易ベッドが設えられてありました。

f:id:shikazemiu:20200217194130j:plain

ジェットウィングライトハウスのお部屋は、全室バルコニー付きのオーシャンビューです!

f:id:shikazemiu:20200217194237j:plain

客室から眺めるインド洋に沈む夕日

窓の外の景色は…

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)客室窓から眺めるインド洋

ちょうど沈もうとする夕日が…!

f:id:shikazemiu:20200217194423j:plain

バルコニーに座ってしばし景色を眺めます。

f:id:shikazemiu:20200217194344j:plain ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)客室窓から眺めるインド洋に沈む夕日

絵に描きたくなるような夕焼け空。

f:id:shikazemiu:20200217194545j:plain

みるみる夕日が沈んでいきます。日没に間に合って良かった〜!

f:id:shikazemiu:20200217194714j:plain

日が暮れた後は、窓の外は真っ暗になってしまうので、景色を楽しみたければ、日没に間に合うように到着するのがおすすめです。

バスルーム

シャワールームと別にバスタブが付いた、広々としたバスルームです。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)バスルーム

ゴージャスな雰囲気でありながら、シンプルな内装。清潔感があります。

キャンドルも置かれていました。

f:id:shikazemiu:20200308200410j:image

そういえば、ヘリタンスカンダラマのバスルームにもキャンドルがありました。バワのこだわりかしら?優雅なバスタイムを過ごせそうです。

 

バスルームのアメニティはこんな感じ。

f:id:shikazemiu:20200217195943j:plain

ハンドメイドのシナモン&ライムの石鹸は、香りがとても良かったです。日本に持って帰っちゃいました。

f:id:shikazemiu:20200217195925j:plain

シャンプーなどの液体類は、再利用するためガラス瓶に入っています。

f:id:shikazemiu:20200308182455j:plain

ガラス瓶ごとお持ち帰りしたい場合はRs.250がかかってしまうのでご注意。

その他アメニティなど

出窓には、ウェルカムフルーツのミニバナナが。

f:id:shikazemiu:20200217194305j:plain

有料のワインボトルも2本置かれていました。

f:id:shikazemiu:20200217194251j:plain

Domaine Font SanteのCotes Du Rhone、1本Rs.3,230です。

 

ガウンはオレンジとネイビー。格闘家っぽくて強そうな配色(?)。

f:id:shikazemiu:20200217194743j:plain

クローゼットの中に、アイロンとアイロン台も入っていました。

 

ビーチサンダルも備え付けてあります。

f:id:shikazemiu:20200217194756j:plain

 

湯沸かし器と人数分のティーセットとお水など。

f:id:shikazemiu:20200217194810j:plain

お水は、ペットボトルではなく、ガラス瓶に入っていました。環境への配慮、さすがですね。

f:id:shikazemiu:20200217194823j:plain

ティーバッグのジンジャーティーが美味しかったです。 

 

客室に届けられていたスーツケース。

f:id:shikazemiu:20200218232101j:plain

今回の旅行で増えていくバゲージタグ。ジェットウィングライトハウスのタグが可愛くて、帰国後もしばらく外せませんでした。笑

ホテル内を散策

客室で一息ついた後、館内の散策に出かけてみました。

美しい回廊

思わず立ち止まってしまったのが、2階シナモンレストラン(The Cinnamon Room)前にある中庭。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)シナモンレストラン(The Cinnamon Room)前にある美しい中庭・回廊

回廊の中央に池が配されています。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)シナモンレストラン(The Cinnamon Room)前にある美しい中庭・回廊

う、美しすぎる…!

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)シナモンレストラン(The Cinnamon Room)前にある美しい中庭・回廊

周囲に配置された調度品も含め、すべてバワによって計算し尽された空間なのだそうです。 

夜のロビー周辺

ロビーに戻ってきました。

f:id:shikazemiu:20200217195408j:plain

夜のロビーは、間接照明に照らされ、落ち着いた雰囲気です。 

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse) f:id:shikazemiu:20200217195052j:plain

ピンク〜パープルに染まる空。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)夜のロビー

幻想的な美しさに、ため息が漏れちゃいます。

f:id:shikazemiu:20200217195117j:plain

屋外に置かれたテーブルの上ではランタンの炎が揺らめきます。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)屋外に置かれたテーブルとランタンの炎

椅子に腰かけて景色を眺めてみたり。 

 

浜辺付近まで降りてみると、なんと子猫ちゃんに遭遇!

f:id:shikazemiu:20200217195133j:plain f:id:shikazemiu:20200217195157j:plain f:id:shikazemiu:20200217195210j:plain

どこから来たの?野良猫でしょうか。このあとまた再会するのですが、それはまた後で。

レストラン

夕食と朝食付きのプランでした。

ディナー〈コース〉

さてさて、日もとっぷりと暮れ、待ちに待ったディナーの時間になりました。

f:id:shikazemiu:20200217195342j:plain

ディナーは、ロビー脇、先ほど散策した浜辺のすぐ手前にあるレストラン「カルダモンカフェCardamom Café」にて。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)レストラン「カルダモンカフェCardamom Café」ディナー・テラス席

店内席とテラス席が選べますが、せっかくなのでテラス席をチョイス。

f:id:shikazemiu:20200218232911j:plain

目の前はすぐ浜辺のお席です。↑岩の上に並んで寝そべっているカップル(?)が見えました。大胆!

 

ビュッフェスタイルかコース料理かは日によって異なるみたいですが、この日はコース料理でした。

f:id:shikazemiu:20200308182758j:plain

メニュー表です。ぼやけてしまっていてごめんなさい。

西洋×スリランカ料理、といったところでしょうか。

前菜スープ(2種類から選べる)、メイン(5種類から選べる)、デザート(2種類から選べる)、コーヒーor紅茶のセットメニューです。パンも付いています。

【前菜】

f:id:shikazemiu:20200218232536j:plain

【スープ】チキンと卵のスープ。

f:id:shikazemiu:20200218232551j:plain

【スープ】クリームスープ。同行者が注文。

f:id:shikazemiu:20200218232610j:plain

【メイン】スリランカカリー&ライス。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)レストラン「カルダモンカフェCardamom Café」ディナー・スリランカカリーライス

【メイン】ファルファッレパスタ、クリームソースかけ。同行者が注文。

f:id:shikazemiu:20200218232844j:plain

【デザート】アップルクランブルとシナモンアイスクリーム。

f:id:shikazemiu:20200218232858j:plain

どれも美味しかった〜!目も舌も喜ぶお食事でした。

 

ホテル内のレストランは、ドレスコードは特になさそうです。2階にあるシナモンルームというレストランは、少しかしこまった雰囲気なので、あまりラフな服装ではないほうがいいかもしれませんが。

普段着でまったりお食事を楽しみました。

f:id:shikazemiu:20200225073542j:image

そういえば、テーブルに敷かれたランチョンマット、シンプルながらも洗練されたデザインで素敵です。ベアフットのものでしょうか。バワの世界観によく溶け込んでいますね。

ファブリックひとつとっても、こだわりを感じさせるホテルです。

★お土産に人気!カラフルで可愛らしいベアフット(BAREFOOT)の布雑貨についてはこちらをどうぞ↓

www.shikazemiu.com

白ワインも注文。

f:id:shikazemiu:20200225073550j:image

グラス1杯1,000円位だった気がします、たしか。おぼろげな記憶…。

 

ムードあるレストランで、海の音を聴きながら、美味しい料理とお酒♡

非常によい気分でした。

 

おや、足元でニャアニャア声がするな…と思ったら、先ほどお散歩中に出会った子猫ちゃんが、またやって来ました。

f:id:shikazemiu:20200218232650j:plain f:id:shikazemiu:20200218232706j:plain

私の脚の間をするりするりと歩き回る。か、可愛い…。

ごはん欲しいのかな?全部食べちゃったんだよ〜ごめんね。笑

 

食後、レストラン付近を一回りしてみました。

f:id:shikazemiu:20200218233041j:plain

静かなロビー周辺。 

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)夜のロビー

浜辺そばのテーブル席。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)夜浜辺そばのテーブル席

ここでカクテルなんか飲んだら、さぞムーディでしょう。

 

なにかが足元でうごめいているぞ…とよく目を凝らしてみると、蟹を発見!

f:id:shikazemiu:20200218233055j:plain

猫に蟹にと、自然の生き物との遭遇率が高いです…!

でも不思議と虫は気にならなかったなぁ。あ、虫除けスプレーをガンガン身体に振り撒いておいたおかげかしら?笑

モーニング〈ビュッフェ〉

朝食は、昨夜夕食をいただいたカルダモンカフェにて。

部屋からレストランに向かう途中の廊下で、おそらくスリランカ人の新郎新婦さんを発見!

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)結婚式・新郎新婦

このホテルで挙げる結婚式、素晴らしいですね。ダイナミックな景観も相まってより感動の式になりそう!絶対に映えますよね~!

f:id:shikazemiu:20200218233414j:plain

スリランカハネムーンもありだな!と思った次第です。ま、自分はとっくに新婚旅行は済んでいるのですが。笑 サントリーニ島から臨むエーゲ海も美しかったですよ!本ブログのコンテンツバー「海外旅行→ギリシャ サントリーニ島」の記事を読んでみてね!←ちゃっかり誘導。笑

 

さて、朝食はビュッフェスタイルです。食事を取りに行きやすいように屋内席にしました。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)ビュッフェスタイル朝食

西洋料理の他に、カレーをはじめとしたスリランカ料理も。サラダやフルーツも充実。

f:id:shikazemiu:20200218233429j:plain

ナゾのスープを発見。Mukunuwannaという薬草。草の味?しょっぱかったです。健康にはよさそう。

エッグホッパーも作ってもらえます。

f:id:shikazemiu:20200218233445j:plain

紅茶も熱々のポットサーブ。

f:id:shikazemiu:20200218233522j:plain

本場スリランカの紅茶は、香り高くて美味しいです。

 

窓の外は、よく晴れた空。

f:id:shikazemiu:20200218233536j:plain

朝から気持ちの良い景色です。

 

スリランカにいる間、このように水に浮かべたお花をよく見たのですが、なんていうのかしら?浮き花?

f:id:shikazemiu:20200218233551j:plain

素敵。プロフィール記事のトップ画像にもしている、お気に入りの写真です。

海辺を散策

朝食後、チェックアウトの時間まで海辺に繰り出しました。

f:id:shikazemiu:20200225073741j:plain

海へと下る道。

f:id:shikazemiu:20200218233751j:plain

インド洋は、太平洋と比べて、波もどことなく荒々しい感じがします。海水浴をするにはちょっと危ないかもしれません。

f:id:shikazemiu:20200218233805j:plain

せっかくなので、足だけ入水。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)海辺

ひんやりして気持ちいい〜!

 

浜辺で貝殻拾いをしたり。

f:id:shikazemiu:20200225073908j:image

驚くほど大きく育った木々を眺めてみたり。

f:id:shikazemiu:20200225073932j:image

ピーチパラソルとチェアもあります。

f:id:shikazemiu:20200218233945j:plain

ビーチチェアに寝そべって日向ぼっこするのも気持ち良さそうですね。

2つのインフィニティプール

ジェットウィングライトハウスには、2つのプールがあります。昼と夜とで雰囲気も違うので、時間帯を変えて訪れるのもおすすめ。

広々としたプール

f:id:shikazemiu:20200218233958j:plain

ホテル敷地内を散策していると、プールに行き着きました。

せっかくだから、ということで、兄はプールで泳いでみることに。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)プール

とても広々!なぜか泳いでいる人も少ない!

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)プール

プール手前は底に足がつく水深ですが、奥に行くにつれて水深が深くなるので注意(2mはあったと思います)。多分、知らずに泳いで行くと溺れかけます。笑

私は泳ぎが不得意なので、足で水をパシャパシャしてみたり、プールサイドをうろうろしたり。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)プールサイド f:id:shikazemiu:20200218234314j:plain f:id:shikazemiu:20200218234446j:plain f:id:shikazemiu:20200308200447j:image f:id:shikazemiu:20200218234516j:plain

一見インフィニティプールではなさそうだなと思ったのですが、バワさん抜かりない。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)インフィニティプール

プールに入った目線からだと、ちゃんとインフィニティプールになっています。まるでプールの外縁が水平線と一体化しているように見えます。

 

別の場所に、もうひとつ小さめのプールもあります。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)インフィニティプール

こちらもばっちりインフィニティプールです。向こうが木なのでちょっと異色な感じがしますが。

プールサイドにはレストラン(Lorenzo’s Pizza Bar)があります。

f:id:shikazemiu:20200218232047j:plain

ピザをはじめとするスナックメニュー、カクテル、スムージーなんかも頼めるそうです。

ロマンティックな夜のプール

夜にも、小さいほうのプール前を通りかかりました。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)夜のプール f:id:shikazemiu:20200217195626j:plain f:id:shikazemiu:20200217195614j:plain

とてもロマンティックな雰囲気です。

 

バスタオルを置く台も、いちいち素敵。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)夜のプールサイド

写真両脇に写るオレンジ色のものがバスタオル。インテリアの一部のようですね。

 

夜のインフィニティプール。 

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)夜のインフィニティプール

インフィニティプールの仕組みはこんな感じ。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)インフィニティプールの仕組み

向こう側は階段式になっており、水が流れ落ちるようになっています。

 

客室棟の2階からパシャリ。

ジェフリーバワが設計したリゾートホテル・ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)夜のプールサイド

贅沢な空間の使い方が、見ていて気持ちがいいです。

f:id:shikazemiu:20200217195821j:plain

 

プール周辺で見つけた調度品など。

f:id:shikazemiu:20200217195638j:plain f:id:shikazemiu:20200217195651j:plain f:id:shikazemiu:20200217195755j:plain f:id:shikazemiu:20200217195808j:plain f:id:shikazemiu:20200308183932j:plain

私たちの部屋は白の扉でしたが、鮮やかなグリーンの扉を発見。可愛らしかったのでパシャリ。

もう何泊かして時間に余裕があれば、もっと細かな部分まで見て回りたかったなあ。

さいごに

f:id:shikazemiu:20200218232016j:plain

ゴールの世界遺産のすぐそばに位置するバワ建築リゾート、ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)

 

海風が吹き抜ける、開放感たっぷりの雰囲気がとても気に入りました。

入口螺旋階段の兵士達のオブジェに圧倒され、美しいインド洋の眺めとバワ建築の融合に感嘆し、美味しい料理をいただく…。素晴らしい時間を過ごせました。

 

またいつか、絶対泊まりたいホテルです。

みなさんも、スリランカを訪れる際には、宿泊してみてください。忘れられない体験になると思いますよ♪

「ジェットウィングライトハウス(Jetwing Lighthouse)」の宿泊予約はこちらからどうぞ♪

トリップアドバイザー

エクスペディア

アゴダ

こんな記事もおすすめ